バストアップして胸を大きくする

バストアップして胸を大きくするには?

 

バストアップして胸を大きくするにはバランスの取れた食事や栄養・体を適度に動かす体操やバストアップ良いマッサージ・日頃から体を整える美しい姿勢など様々な要因があります。バストアップするには日頃からのバストケアも必要で毎日少しずつでも継続的に行うと効果的です。

 

現代では食生活の偏りによって食事や栄養のバランスが偏ってしまったりデスクワークなどで体を動かす機会がほとんどなかったりとバストアップして胸を大きくする事を妨げてしまう要因が数多くあります。

 

その為バストアップするには日頃からバランスの取れた食事や栄養を取り体を適度に動かしたりバストアップに良いマッサージを行い普段から体を整える美しい姿勢など気を付ける事で自然とバストアップする事に繋がります。

 

バストアップに良い食事や成分について

 

バストアップに良い食事や成分はどの様なものがあるのでしょうか?ここではバストアップに良い食事や成分についてご紹介していきたいと思います。

 

まず代表的な成分として挙げられるのは大豆イソフラボンです。この大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるのでバストアップに良い成分として知られています。

 

また大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるので乳腺組織に良い刺激を与えてくれると言われています。バストアップに良い大豆イソフラボンは大豆食品に多く含まれていて大豆に含まれているたんぱく質もバストアップに良い影響を与えてくれるので良いです。

 

大豆イソフラボンを豊富に含む食品として例を挙げるとすると豆乳・豆腐・納豆・おから・ゆばなどが挙げられます。大豆食品は身近にあるバストアップに良い成分を含んでいるので普段の食事で食べてみるのもおすすめです。

 

次にバストアップに良い成分が含まれているものはキャベツが挙げられます。このキャベツにはボロンという成分が入っていて女性ホルモンのエストロゲンの働きを高めて乳腺細胞の数を増やしバストアップに良いと言われています。ただボロンは熱に弱いのでキャベツを食べる場合は温野菜などにしないで食べた方がバストアップには良いです。

 

ボロンはキャベツの他にりんごや梨などの果物やわかめや昆布などの海藻類やピーナッツやアーモンドなどのナッツ類などに含まれているのでバストアップしたい時には合わせて食べると良いと思います。

 

次にバストアップに良い成分が含まれているものは乳製品が挙げられます。この乳製品には良質なたんぱく質が豊富に含まれているので女性ホルモンの分泌を促し乳腺を発達させてくれるのでバストアップには良質なたんぱく質が欠かせません。

 

乳製品は栄養価も高くカルシウムやビタミンも含まれているので美容にも良い食品として広く食べられています。どの食品も偏った食事の取り方では良くないので栄養バランス良く食事をして健康的にバストアップして行きましょう。

 

バストアップに効果的な体操

 

バストアップに効果的な体操として代表的なものとしてまず挙げられるのは腕立て伏せとなります。腕立て伏せをする事でバストアップに大切な胸筋を効果的に鍛える事ができます。

 

ただ腕立て伏せと言っても逆三角形でムキムキの筋肉をたくさん付ける必要はないので筋力トレーニングと言うより健康的な体操という意味合いで行うと良いです。

 

胸筋を付けると乳房を支えられるのでバストアップ効果が期待されます。腕立て伏せのやり過ぎに注意しながら自分のペースで腕立て伏せを行っていくと良いと思います。

 

腕立て伏せをする時の腕の開き方の幅によって胸筋の鍛えられる場所が変わってくるので自分のペースに合わせて胸筋を鍛えてバランス良くトレーニングして行きバストアップして行きましょう。

 

また腕立て伏せと併用しながら行うとバストアップに効果的な体操として両手を胸の前で合わせる合掌のポーズが挙げられます。この合掌のポーズも胸筋を鍛えられて乳房の下垂れを防ぎ形の良いバストに整えてくれるのでバストアップに良いです。

 

合掌のポーズは胸の前で両手を合わせて真っ直ぐに肘を伸ばして左右から手のひらに力を入れて押し合います。この時姿勢も真っ直ぐに伸ばして猫背にならない事がポイントです。合掌のポーズも腕立て伏せ同様にやり過ぎる必要は全くないので自分のペースで無理なく行っていきましょう。

 

胸を大きくするバストアップマッサージの注意点について

 

胸を大きくする為にバストアップマッサージを行う方も多くいます。ただバストアップマッサージと言っても何も考えずにバストアップマッサージをしてしまうと逆に胸を小さくしてしまう原因となってしまいます。

 

それは胸はほとんどが脂肪の為間違った方法でマッサージをしてしまうと脂肪を燃やしてしまい胸を小さくしてしまう原因となるので注意が必要です。

 

またバストアップマッサージを行う時には長時間に渡って行ったり強くマッサージしたりしない様に気を付ける必要があります。ただ単にバストアップマッサージを行ったとしても効果的とは言えないのでプロの方が監修されたマッサージ方法を読んで行う事がバストアップに繋がります。

 

バストアップマッサージは行うタイミングも大切なのでお風呂上がりやストレッチ後など体が温まっていて血行の良い時に行うのがバストアップに効果的だと言われています。

 

バストアップにマイナス要因のカフェイン

 

バストアップにカフェインはマイナス要因と聞いて何でだろうと思う方もいるかもしれませんがカフェインはバストアップしたい場合にはマイナス要因となってしまいます。カフェインと言えばコーヒーや紅茶やお茶などがすぐに頭に浮かぶと思います。

 

カフェインが含まれているコーヒーや紅茶やお茶は身近な飲み物なのでついつい手軽に飲みやすいですがカフェインにはバストアップにはマイナスな脂肪を分解してしまう働きがあるので気を付けた方が良いです。

 

バストの約90パーセント近くは脂肪と言われているのでカフェインで脂肪を分解されてしまってはバストアップには繋がらず逆効果になってしまいます。

 

脂肪を分解するのでダイエットしたい場合には向いていますがバストアップしたい場合にはマイナス要因となってしまいます。バストアップしたい時にはカフェインが含まれるものは控えてなるべくお水などを飲むようにした方がおすすめです。

 

バストアップに大敵な冷え性とストレス

 

バストアップに泰的な冷え性とストレスですが現代社会ではバストアップに限らず冷え性やストレスに悩む女性は多くいると思います。まずは冷え性についてですが冷え性になってしまうと普段の日常生活においてもさまざまな影響が出てきてしまいますがバストアップについても妨げの要因となってしまいます。

 

冷え性になってしまうと血行不良になってしまい体の隅々まで血液が循環しずらくなってしまうので手足など末端部分が冷えやすくなってしまいます。またバストにも必要な栄養素や女性ホルモンなどが血液によって運ばれにくくなってしまうのでバストアップの成長を妨げてしまう原因の1つとなってしまいます。その為なるべく体を冷やさずに温めて血行の循環を良くする事が大切です。冷え性の改善には入浴や岩盤浴などが効果的なので体を温めながらバストアップを効果的に行っていきましょう。

 

次にストレスですがストレスが溜まっているとホルモンの分泌を妨げてしまいます。バストアップには女性ホルモンの正常な分泌は必要不可欠なのでストレスは大敵となります。現代ではストレス社会と言われる事が何かと多いですがストレスがあるとホルモンバランスを崩してしまいやすくなるのでなるべくリラックスをしてストレスを溜めない生活を心がける事がバストアップには良いです。